所得補償保険とはどんな保険?
~ケガや病気で働けなくなった場合を補償!

所得補償保険は、病気やケガなどで働けない状態が続いた場合、そのせいで収入が途絶えてしまうことのないよう、月々、お金(保険金)がもらえるという保険です。

本人が亡くなったあと、遺族に、月々保険金が支払われる「収入保障保険」とは違います。本人が働けないときに支払われるのが所得補償保険です。生きているうちに自分でもらえる保険ということですね。

このふたつは名前が似ていますが、

 所得補償保険→生きているうちにもらえる
 収入保障保険→亡くなったあとにもらえる

という基本的な違いがあります。

所得補償保険は損害保険の一種なのですが、生命保険会社でも同じようなタイプの商品があることがあります。

病気やケガで困ったときの保険という意味では、医療保険とも近いのですが、医療保険とは、「入院する・しないに関係なく、働けない状態が続くかどうかによって支払われる」ということと、保険金額が月額で決まっている点が違います。医療保険の保険金は「入院したら入院日数×日額1万円」などという感じになっています。

また、医療保険の入院保険金は限度日数がありますが、所得補償保険はより長期間支払われます。

所得補償保険は、長期間、休業しなければならない場合でも、お金の心配をしなくていい保険だと言えるでしょう。 医療保険は、治療費・入院費などの保障には強いですが、病気で仕事を休んだことで収入が下がったとしても、そこまでは保障されません。そんなとき、所得補償保険の出番となります。

これは、私の個人的な意見となりますが、平均入院日数が短期化していて、なおかつ、公的な医療費助成制度がある日本では医療保険の必要性はそこまで高くないと考えています。もちろん入院が長期化する疾病も存在し、そのリスクも考えるべきではありますが、少なくとも現在主流となっている60日・120型の医療保険に関しては必要性は低いと思います。

この辺は

医療保険が不要な6つの理由とそれに対する反論 - ど素人が学ぶ医療保険

というサイトで詳細に解説されているので医療保険も同時に検討している方は見ておいて損はないと思います。

 

ただし、所得補償保険も万能ではありません。

支払いの条件である「働けない状態」については、実際にどんな場合それにあてはまるかが保険会社ごとにきっちり決まっています。逆に言えば、条件をきちんと理解していないと、もらえると思っていた保険金がもらえないことになりますから、内容をよく理解しておくことが大切。……といっても、それは所得補償保険に限らず、保険全般に言えることですね。

また、一定期間(商品によって違い、60日や180日などがあります)は「免責期間」で、それ以上に働けない期間が長引いた場合でないと支払われません。

トレイダーズ証券